きんにくニュース 202X

毎日の話題のスポーツニュース・芸能・ダイエット・筋肉トレーニングその他話題の情報をまとめ随時ブログ掲載。きんにくニュース202Xでお楽しみください。

    スポーツ芸能まとめブログ・きんにくニュース202x

    カテゴリ: 卓球


    【伊藤美誠選手】世界卓球選手権・中国の力


    伊藤完敗に見る中国との本当の距離 世界卓球
    …◇「間」を封じられた「大魔王」 世界卓球選手権第4日(24日、ブダペスト)、女子シングルス3回戦で、日本期待の伊藤美誠(スターツ)が孫穎莎(中国)に1-4で敗れた。昨年、中国勢に勝ち越しただけでなく、…
    (出典:スポーツ総合(時事通信))



    (出典 www.tv-tokyo.co.jp)

    中国の卓球の強さは底知れぬものがある・・
    日本卓球界も最強と言われてきましたが
    まだ中国には届いてないのかもしれない。

    Mimuno♦リーグ制覇2019♦
    @mimuno

    伊藤完敗に見る中国との本当の距離 世界卓球(時事通信) - Yahoo!ニュース https://t.co/4NmPKatuLa @YahooNewsTopics

    2019-04-25 11:29:32

    (出典 @mimuno)

    ゲレイロ@青赤旅人
    @09FC27Tokyo

    伊藤完敗に見る中国との本当の距離 世界卓球(時事通信) 写真に悪意を感じるhttps://t.co/9CcDfVxtTh

    2019-04-25 11:27:15

    (出典 @09FC27Tokyo)

    katamekeinodotsuka
    @kekakaka624516

    結構圧倒的だった伊藤完敗に見る中国との本当の距離 世界卓球(時事通信) - Yahoo!ニュース https://t.co/gmnJHwGY4u @YahooNewsTopics

    2019-04-25 11:23:34

    (出典 @kekakaka624516)



    【世界卓球】女子シングル・みう&みゆがベスト8


    世界卓球 みう&みゆがベスト8!石川は逆転勝利目前で敗れる 世界卓球 みう&みゆがベスト8!石川は逆転勝利目前で敗れる
    …「世界卓球2019ハンガリー」<4月21~28日/ハンガリー・ブダペスト>24日の大会4日目、女子シングルス4回戦が行われ、平野美宇(日本生命)、加藤美優(日本ペイントホールディングス)が勝利し、ベス…
    (出典:スポーツ総合(テレビ東京スポーツ))



    (出典 pbs.twimg.com)

    石川佳純選手は敗れたけど・・
    中国選手はたはり強いよ、頑張れニッポン!!
    (画像は別)

    @にゅ~す!
    @tae643

    世界卓球 みう&みゆがベスト8!石川は逆転勝利目前で敗れる(テレビ東京スポーツ)。だそうです。

    2019-04-25 08:37:01

    (出典 @tae643)

    スポーツナビ
    @sportsnavi

    世界卓球 みう&みゆがベスト8!石川は逆転勝利目前で敗れるhttps://t.co/0lTOaVYGqN

    2019-04-25 07:21:45

    (出典 @sportsnavi)



    【世界卓球】「 吉村・石川組」3大会連続のメダル確定

    頑張れ~ 次も勝ってほしい!!
    中国勢はやはり強いですね。
    (画像は別)

    NO.7419299 2019/04/25 08:20
    世界卓球 吉村・石川組、3大会連続のメダル確定
    世界卓球 吉村・石川組、3大会連続のメダル確定
    <2019世界卓球選手権大会・個人戦(ハンガリー・ブダペスト) 2019年4月21日〜4月28日>

    24日、世界選手権の混合ダブルス準々決勝が行われ、吉村真晴(名古屋ダイハツ)/石川佳純(全農)ペアがピシュテイ/バラージョバ(スロバキア)ペアを下し、準決勝進出を決めた。

    この勝利で、2015年の銀メダル、2017年の金メダルに続き、今大会でも銅メダル以上を確定させた。

    第1ゲームは長身から繰り出されるスロバキアペアのボールに苦戦した吉村/石川ペア。

    特に男子選手(ピシュテイ)の独特なバックハンドに対応できず、11-6で先制を許した。

    第2ゲームからは落ち着いて相手のボールに対応し始め、先に攻撃する機会も増加。

    ペースをつかんだ日本ペアが11-8とゲームを奪い返した。

    これで勢いに乗った吉村/石川ペア。

    ディフェンディングチャンピオンの実力を発揮し、続く第3ゲームも11-5と相手を圧倒した。

    第4ゲームは序盤の5連続失点が響いて落とす。

    第5ゲームも5連続失点からスタートする嫌な展開になったが、早い段階で追いつき、そのままゲームを取得。

    メダル確定まであと1ゲームとした。

    第6ゲームは二人の攻撃がうまく噛み合い、10-6とマッチポイントを迎えた。

    ここで1点返されたタイミングで、タイムアウト。

    最後は吉村のバックドライブが決まり、メダルを確定させた。

    ■日本ペアの試合後のコメント
    石川は「苦しい時こそ、ペアの実力が試される。お互い励ましあってメダルが取れた。同じペアで3大会連続のメダルはなかなか無いこと。急なペア変更だったが自信はあった。また明日はチャレンジャーとして向かって行きたい」と翌日の準決勝に向けての意気込みを語った。

    吉村は「本当に勝てて良かった。凡ミスが多く、修正もなかなか出来なかったが最後はパートナーを信じて気合で乗り切った。まだメダルが確定したところだが、1回代表から外れたこともあり、選んでくれた協会への感謝の気持ちや、急なエントリーとなって調整が難しかったことなどもあり、ホッとした。シングルスでは前で両ハンドの速い卓球に切り替えていた中で、急なダブルスエントリーでフォア主戦をしなければいけないのは本当に難しかった。(シングルスで敗れた弟の)和弘からも『いつでも練習相手使ってくれ』と言われて、『ありがとう、和弘の分も暴れてくるわ』と伝えた。自分一人でここに立てているとは思っていない」と安堵で目を潤ませた。

    ■試合のスコア
    <混合ダブルス 準々決勝>
    吉村真晴/石川佳純 4-2 ピシュテイ/バラージョバ(スロバキア)
    6-11/11-8/11-5/8-11/11-7/11-8
    【日時】2019年04月25日
    【提供】Rallys
    【関連掲示板】



    [匿名さん] :2019/04/25 08:23

    石川佳純・吉村真晴ペアー優勝して!!


    [匿名さん] :2019/04/25 08:26

    あっぱれー


    [匿名さん] :2019/04/25 08:27

    日本頑張れ~ 


    【石川佳純】ロンドン五輪銅メダリストを下し表彰台


    石川佳純 ロンドン五輪銅メダリストを下し3年連続5度目の表彰台「世界卓球が楽しみになった」 石川佳純 ロンドン五輪銅メダリストを下し3年連続5度目の表彰台「世界卓球が楽しみになった」
    …育館) 女子の3位決定戦で、世界ランク6位の石川佳純(26)=全農=が同10位で12年ロンドン五輪銅メダルのフォン・ティエンウェイ(シンガポール)に4…
    (出典:スポーツ総合(スポーツ報知))



    (出典 upload.wikimedia.org)

    順調に強くなってきているのか・・
    (画像は別)


    【卓球 幸せオーラ全開!】福原愛さんの家族写真に大反響

    この幸せ少しいただきたい・・・

    NO.7351670 2019/03/25 09:59
    卓球 幸せオーラ全開!福原愛さんの家族写真に大反響
    卓球 幸せオーラ全開!福原愛さんの家族写真に大反響
    23日、福原愛さんがツイッターに4枚の写真をあげ、大きな反響を呼んでいる。

    そこには、グリーンのドレスに身を包んだ愛さんと愛娘のあいらちゃん、そしてピンク色のジャケットを着た夫の江宏傑(ジャン・ホンジェ)さんが指でハートを作り、笑顔でうつる姿が。

    江さんからあいらちゃんへのチュー写真もあり、まさに“幸せオーラ”全開である。

    「素敵な家族ですね」「ホッコリするファミリー?こちらまで笑顔になりました?」など多くのメッセージとともに、40,000件を超える「いいね」が集まった。
    【日時】2019年03月25日
    【提供】Rallys



    (出典 www.asahicom.jp)

    [匿名さん] :2019/03/25 12:32

    赤ちゃん可愛い


    [匿名さん] :2019/03/25 10:21

    ひきこもりや独身底辺にはキツイ写真。


    [匿名さん] :2019/03/25 10:42

    幸せそうでなによりだ


    [匿名さん] :2019/03/25 10:48

    幸せオーラが欲しい・・


    [匿名さん] :2019/03/25 12:29

    毎日幸せ過ぎ・・ 


    【卓球 水谷隼】「1年間球がほとんど見えない」深刻な目の症状告白

    ?老眼・・

    NO.7351809 2019/03/25 11:40
    卓球 水谷隼「1年間球がほとんど見えない」深刻な目の症状告白
    卓球 水谷隼「1年間球がほとんど見えない」深刻な目の症状告白
    日本のエースとして卓球界を牽引し続ける水谷隼、1月には10回目の全日本選手権優勝という偉業を成し遂げたばかりだ。

    「最近の調子は?」と何気ない質問を投げかけるとショッキングな言葉が返ってきた。

    「実は、この1年、球が見えないんです」

    一人の卓球ファンとして、にわかに信じがたい。

    だが、そんな冗談を言う男ではない。

    何より、その眼差しは真剣そのものだ。

    一体、水谷の目に何が起きているのか。

    ■現役引退も考えた、深刻な目の症状
    「文字通りです。“見えない“んです。この1年間、かなりキツかった」。

    自分の目の症状について「日常生活に支障はない。でも “特定の条件”になった時に球がまったく見えない。つまり、卓球台の周囲が暗くて、台にだけ白い光が当たっている。そして周囲が電光掲示板で囲われている場合、ほとんど球は見えていません」と明かす。

    Tリーグにしろ、ワールドツアーにしろ、大抵の場合、大きな試合であれば客席が暗く、卓球台はライトアップされ、周囲はLED掲示板のスポンサー表示が並んでいる。

    もしこの言葉が本当なら大舞台の試合はほとんど球が見えていなかったということになる。

    水谷の視界に相手はどんな風に写っているのか。

    「まず相手がボールを構える。その時に(掲示板と)かぶって、フッっと球が“消える”んです。その後、打球の音だけが聞こえる。ボールはネットを越えたあたりから突然現れる。この1年の僕のプレーを見てもらってもいい。まったく逆をつかれて驚いていたり、ラケットの角に当たって返球してる場面が本当に多いんです」。

    普段冷静な水谷が悔しさをにじませる。

    「正直現役引退も考えていました。卓球やっていても悲しいんですよ」。

    言わずもがな、卓球は目が物を言うスポーツだ。

    相手のフォームを“観察”し、球の回転を瞬時に“見切り”、瞬時にコース“目がけて”打ち返す。

    文字通り2つの眼は卓球選手の命綱といっても過言ではない。

    ■5年前に突如下がった視力
    水谷が視力に悩み始めたのは5年前のことだ。

    もともと水谷の視力は両目ともに1.5ほどあったにもかかわらず「当時、なぜか左目だけ急に0.3くらいまで落ちて近視と乱視のような状態になった」と明かす。

    「ちょうどその頃から電光掲示板が卓球の試合に導入され始めて、なんか気になるなぁ…って思い始めました。それで左だけレーシックをしたんです」。

    視力を元に戻してからの5年間は“黄金期”を迎えた。

    ロシアリーグの活躍にリオ五輪で初のメダルを獲得、2017年には世界ランキング4位と過去最高につけた。

    だが、2018年1月頃、水谷の視界に再び異変が訪れる。

    ボールが見えにくくなっていたため、検査をしたところ、右目の視力が落ちていた。

    「ほんの少し右目に乱視と近視がありました。本来は手術する必要性は全くなかったのですが、少しでも良くなればと思いレーシックをしたけど改善できなかった」。

    近視を改善してもなお解決されない視界不良。

    その原因は水谷の両目に施したレーシックとは関係ないのか。

    水谷はその可能性についてはっきりと否定する。

    「アメリカに行って専門医にも見てもらったのですが、レーシック自体の経過はまったく問題ないし、繰り返しになるけど日常生活には問題がないんです。そもそも白いボールでプレーして、後ろの電光掲示板の広告の色も白やグレーなのでボールが見づらくなるのは当然じゃないですか?」。

    あくまでレーシックによるものではなく、照明の問題のようだ。

    では、仮に照明が原因であれば、他の選手も同様の悩みを抱えているはずだ。

    今年の全日本選手権で2年連続3冠を達成した伊藤美誠に話をぶつけたところ「確かに台の真上にライトがあったり、正面に照明があると見えにくくなることがあって、その場合はITTF(国際卓球連盟)に指摘する。あと、目線の先にライトが来ないようにお願いしている。コートの後ろのLED広告はラリー中に変わらなければ大丈夫。ただ白はやめて欲しい」と語るが「球が消える」ほどではなさそうだ。

    ■「今の自分は全盛期の3割」
    この1年の調子について水谷は「正直、今の自分は全盛期の3割くらい」とまで言い切る。

    だが、悩んでばかりもいられない。

    苦肉の策として選んだのがサングラスの着用だった。

    「サングラスをつけると少しマシですね。5割くらいの力はなんとか出せるようになった」。

    だが、ここまで水谷の話を聞いても、正直、にわかには信じがたい。

    水谷の「全盛期の3割」という発言と昨今の成績がまったく比例していないからだ。

    Tリーグでもチームを優勝に導き、全日本選手権では前人未到のV10を達成、3月のトップ12では準優勝という輝かしい成績を残しているではないか。

    「全日本の決勝は相手が大島(祐哉)だったから自分が主導権握って、フォアでゆっくりラリーを展開できた。こういう試合だとコースも回転も予測できる。それでもだいぶ“勘”でしたけどね(笑)。優勝できて自分が一番驚いたくらいで。かたや、トップ12のときの決勝・張本戦は全然だめだった。あれは自分の卓球史でワースト3に残るレベル。張本みたいに台の前にはりついてガンガン打ち込まれるような相手になると途端に見えない」。

    ここまで深刻な目の症状を抱えながら、水谷の戦い続ける意思は固い。

    そこにあるのは卓球界への危機感だ。

    「“3割”の僕でも優勝できてしまうようでは、日本の若手がまだまだっていうこと。もっと貪欲に勝ちに来てほしい。もっと貪欲に倒しに来てほしい。このままでは安心して任せられない。たとえ自分がどんなに弱くなっても、卓球界に、居続けるつもりです」。
    【日時】2019年03月25日
    【提供】Rallys



    (出典 news.walkerplus.com)

    [匿名さん] :2019/03/25 11:59

    それであの世界ランク?! 


    [匿名さん] :2019/03/25 12:00

    歳を取れば、目の中に色んなもんが浮遊してくる・・


    [匿名さん] :2019/03/25 12:20

    見えないのにどうやって優勝するんだ・・  

    このページのトップヘ