きんにくニュース 202X

毎日の話題のスポーツニュース・芸能・ダイエット・筋肉トレーニングその他話題の情報をまとめ随時ブログ掲載しています。きんにくニュース202Xでお楽しみください。筋肉ニュース202X・きんにくニュース202X

    スポーツ芸能まとめブログ・きんにくニュース202x・筋肉ニュース202x

    カテゴリ: 最新話題


    【愛の葉Girls訴訟】わかった地下アイドル「残酷物語」

    当時頑張ってるな~
    とよく見てました。真相を明らかにして。
    (画像は別)

    NO.7001574 2018/10/15 02:06
    愛の葉Girls訴訟でわかった地下アイドル「残酷物語」
    愛の葉Girls訴訟でわかった地下アイドル「残酷物語」
    愛媛県を拠点に活動するご当地アイドルグループ「愛の葉(えのは) Girls」のメンバーだった大本萌景さん(16=当時)が今年3月に自宅で首をつって自殺した件で、母の幸栄さんと姉の可穂さんらが10月12日、都内で会見を行った。

    自殺の原因が当時の所属事務所「Hプロジェクト」によるパワハラや過労で精神的に追い詰められたためとし、同社の代表取締役社長の佐々木貴浩氏らに約9200万円の損害賠償を求める訴訟を松山地裁に起こしたという。

    12年12月にデビューした「愛の葉Girls」は、愛媛県を拠点にアイドル活動と農作業を通して日本の美味しい「食」、日本の安全な「食」を推進する農業アイドルグループとして活動。

    メンバーたちは、ライブなどのアイドル活動のほか、自分たちの農園をホームグランドに農作業を行ったり、新規就農者募集のチラシ配りをするなど「農家後継者不足」の解消にも努めている。

    萌景さんは15年からグループに所属し、研修期間を経て翌16年の夏に正規メンバーに昇格すると、今年に入ってリーダーも務めていたが、「ルックスも良く、グッズ販売の売り上げでは1位になったりと、メンバーの中でも屈指の人気を誇り、佐々木社長とともにメ..



    【日時】2018年10月14日 12:23
    【ソース】AERA dot.



    (出典 apipa.jp)








    [匿名さん] :2018/10/15 02:45

    一番可哀想なのはまともな助言得られずに信じてやってた16歳の子。


    [匿名さん] :2018/10/15 02:57

    気の毒だ
    こんなひたむきな娘を・・・



    【紀州のドン・ファン】怪死事件 第一発見者の家政婦が激白

    まだ解決してない。

    NO.7006850 2018/10/17 14:33
    ”紀州のドン・ファン”怪死事件 第一発見者の家政婦が激白
    ”紀州のドン・ファン”怪死事件 第一発見者の家政婦が激白
    「紀州のドン・ファン」こと、和歌山県の資産家、野崎幸助さん(享年77)の怪死事件から5カ月足らず。

    和歌山県警は殺人容疑で捜査に乗り出すも、いまだ犯人は特定されていない。

    野崎さんの55歳下の妻と共に第一発見者となった家政婦の竹田純代さん(67)が、独占取材に応じた。

    ──現在は東京都内の自宅に戻って生活をされているそうですね。

    事件直後は、まるで私が犯人であるかのような報道をされましたので、自宅だけでなく、和歌山の実家にもマスコミが押し寄せました。過剰なマスコミの取材と報道、インターネットへの書き込み、正直、本当にうんざりしております。一度は精神的に参ってしまい、自分の映るテレビを一日中見ては、鳴りやまないマスコミからの電話に外にも出られなくなってしまいました。実家に戻ったら記者が無断で家のなかに入っていたときは、警察に取り締まってもらうようにお願いしました。

    ──事件前はご家族の方と同居されていたんですか?

    はい。ただ、この事件をきっかけに引っ越しました。一時期、娘が野崎社長の奥さんのSさんと間違われたことがあって、インターネット上で、「私とSさんが東京で同居している」というう..



    【日時】2018年10月17日 07:00
    【ソース】週刊朝日



    (出典 www.zakzak.co.jp)








    #1 [匿名さん] :2018/10/17 14:35

    やべえな!

    疑いの目でしかし見れん


    #10 [匿名さん] :2018/10/17 14:39

    >>1だよな〜。第一発見者ってとかく疑われるんだよ。


    #4 [匿名さん] :2018/10/17 14:36

    >>2
    そうだね👍


    #3 [匿名さん] :2018/10/17 14:36

    この話題ももう興味ねえよ。


    #5 [匿名さん] :2018/10/17 14:36

    忘れてた、この事件


    #6 [匿名さん] :2018/10/17 14:37

    確かに


    #13 [匿名さん] :2018/10/17 14:40

    家政婦さんですか?な
    服装が印象に残ってる


    #15 [匿名さん] :2018/10/17 14:42

    まだ未解決?


    #20 [匿名さん] :2018/10/17 14:45

    >>15そだね


    #24 [匿名さん] :2018/10/17 14:49

    誤解されてかわいそうだな


    #26 [匿名さん] :2018/10/17 14:50

    やっと動き出しそうだな!
    待ってたんだZE!!


    #48 [匿名さん] :2018/10/17 15:45

    まだ決着してないんかい







    【酔った女性に】“性的暴行” 慶応大学2年生の男逮捕

    酩酊していたから・・・?

    NO.7005567 2018/10/16 22:47
    酔った女性に“性的暴行” 慶応大学2年生の男逮捕
    酔った女性に“性的暴行” 慶応大学2年生の男逮捕
    神奈川県横浜市で先月、酩酊状態だった大学1年生の女性に性的暴行を加えたとして、慶応大学2年生の男が逮捕された。

    準強制性交の疑いで逮捕されたのは、慶応大学2年生の渡辺陽太容疑者。

    警察によると渡辺容疑者は先月、横浜市西区の路上で酩酊状態だった大学1年生の女性に声をかけて近くの雑居ビルに連れ込み、性的暴行を加えた疑いが持たれている。

    渡辺容疑者はその後、女性とタクシーで別の場所に移動し女性の腹を蹴るなどの暴行を加えた疑いで現行犯逮捕されていた。

    渡辺容疑者は、暴行については容疑を認めていたが、準強制性交については、「酔っていたので思い出せません」などと否認しているという。

    渡辺容疑者は2016年、ミスター慶應コンテストに出場していた。



    【日時】2018年10月16日 19:02
    【ソース】日テレNEWS24
    【関連掲示板】



    (出典 blog-imgs-52.fc2.com)








    [匿名さん] :2018/10/16 22:56

    準は酩酊とかで拒否できない状態での強制性交。
    どっちも5年以上の懲役だったと思う。


    [匿名さん] :2018/10/16 22:53

    頭良くても、社会不適合者
    昔からだけど頭いい大学には多い!
    大学がゴールになっちゃってんだろうな。
    社会に出てからの方が長くて辛いのに!


    [匿名さん] :2018/10/16 23:00

    かっこいいのにもったいない


    [匿名さん] :2018/10/16 23:01

    テレビのニュースでも放送されて 


    [匿名さん] :2018/10/16 23:02

    イケメンの部類なのにどうした


    [匿名さん] :2018/10/16 23:04

    性格の問題でしょう


    [匿名さん] :2018/10/16 23:06

    イケメン?ではない


    [匿名さん] :2018/10/16 23:03

    キモい 



    【パンツ撮らせて】女子高生のスカートの中撮影した疑い 男逮捕

    けしからん!!

    NO.7002390 2018/10/15 13:09
    「パンツ撮らせて」女子高生のスカートの中撮影した疑い 男逮捕
    「パンツ撮らせて」女子高生のスカートの中撮影した疑い 男逮捕
    女子高校生に「頼みづらいことなんだけどパンツを撮らせてくれないか」などと言って,スカートの中を撮影したり体を触るなどしたとして愛知県新城市の会社員の男が逮捕されました。

    逮捕されたのは新城市の34歳の会社員の男です。

    事件があったのは今年5月、豊田市花沢町の路上です。

    下校中の高校1年の女子生徒(15)に「すごく頼みづらいことなんだけどパンツを撮らせてくれないかな」などと話しかけた男。

    拒否した女子生徒に対して、「それだと終わらないし連れていくよ」などと脅してスマートフォンでスカートの中を撮影したほか肩や足を触った強要の疑いが持たれています。

    男は今年7月、豊田市内の住宅にのぞき目的で侵入したとして9月、逮捕されていて、今回の容疑について「連れていくとは言っていない」と一部否認しています。

    当時、現場近くでは女子高校生が声をかけられたり追いかけられたりする被害が相次いでいて、警察は余罪も含め詳しく調べる方針です。



    【日時】2018年10月14日 18:34
    【ソース】東海テレビ



    (出典 cdn.amanaimages.com)








    [匿名さん] :2018/10/15 13:25

    素晴らしいから仕方がない・・?


    [匿名さん] :2018/10/15 13:11

    これは無罪 ?


    [匿名さん] :2018/10/15 13:11

    日常すぎて驚かない 


    [匿名さん] :2018/10/15 13:13

    許可とってからしようとするのはえらいけど
    拒否されててやったら許可を求めた意味ないよね


    [匿名さん] :2018/10/15 13:30

    ここで逮捕しないとエスカレートする。


    [匿名さん] :2018/10/15 13:38

    パンツなんか撮ってどうすんだ? よく分からん


    [匿名さん] :2018/10/15 13:39

    きもい


    [匿名さん] :2018/10/15 13:47

    男ってバカだよな。 


    [匿名さん] :2018/10/15 13:52

    超キモ


    [匿名さん] :2018/10/15 13:56

    こういう事件は増えてくよ・・ 







    【韓国人登山家】ヒマラヤ遠征隊9人、強風に巻き込まれ死亡

    国内でニュースにならないけど・・恐ろしい

    NO.7000967 2018/10/14 21:15
    韓国人登山家らヒマラヤ遠征隊9人、強風に巻き込まれ死亡
    韓国人登山家らヒマラヤ遠征隊9人、強風に巻き込まれ死亡
    韓国で初めて無酸素ヒマラヤ8000メートル級14座完登に成功した金昌浩(キム・チャンホ)隊長(49)を含むグルジャヒマール遠征隊がヒマラヤ山中で遺体で見つかった。

    外交部は13日、「駐ネパール大使館によると、現地時間12日に韓国人5人と外国人4人で構成された登山隊がヒマラヤのグルジャヒマールを登っている途中にベースキャンプで強風に巻き込まれ、急斜面を転落して死亡した」と明らかにした。

    海抜3500メートル地点にあるベースキャンプは雪崩に襲われ完全に破壊された状態で発見された。

    外交部と駐ネパール大使館は事故の通報を受けすぐに在外国民保護対策班と現場対策班をそれぞれ構成し、ネパール警察当局とベースキャンプ運営機関などと接触して事故状況を把握する一方、遺体回収と搬送など今後の進行状況について緊密に協力している。

    外交部は「現在小型ヘリで捜索した結果、遺体は発見したが回収に困難があり、回収装備を備えたヘリを使って早急に遺体を収容する予定だ。今後家族のネパール訪問時の葬礼手続き支援など必要な領事助力を積極的に提供する」と明らかにした。

    大韓山岳連盟によると、金昌浩隊長率いる遠征隊..



    【日時】2018年10月14日 10:03
    【ソース】中央日報
    【関連掲示板】



    (出典 2.bp.blogspot.com)








    [匿名さん] :2018/10/14 21:37

    無酸素8000m級14座登頂したスペシャリスト
    山って怖い。


    【驚愕!】まるで9,11 飛行機がビルに向かって飛行 豪州

    驚愕というか豪快!!
    恐ろしいという前にカッコいいと思ってしまった。私

    NO.6998143 2018/10/13 13:59
    まるで9,11 飛行機がビルに向かって飛行、住民驚愕 豪州
    まるで9,11 飛行機がビルに向かって飛行、住民驚愕 豪州
    オーストラリア空軍が、地上から僅か100メートルの高度で所属機を飛行させた。

    これについて一部の人々は「本物の9.11」だと述べている。

    メトロ紙が伝えている。

    動画では、ボーイング社製造の輸送機「C17グローブマスター」が、ブリスベンの摩天楼群に接近していくのが分かる。

    輸送機は都市を通り抜けて飛行し、まさに最後の瞬間、ビル群を避けるためにバンクしている。

    一部の人々は、パイロットらの技能を称賛するためツイッターに向かい、今回の曲技飛行には数多くの計画立案が必要だったに違いないと述べている。

    しかし、他の人々はそれほど感銘を受けず、逆に恐怖を覚え、今回の飛行を「不必要に愚かで危険」なものだとして批判している。

    ツイッターユーザーの1人は、「これについては、非常に間違った方向に、あっと言う間に進展するかもしれなかったと言いたい。人々が生活したり、働いたりなどしているビル群にあれほど近いところを飛ぶ必要は全くない」と指摘している。

    オーストラリア空軍は、毎年9月に開かれる伝統的な花火大会「リバーファイア・フェスティバル」の一部として、今回の低空飛行について事前に発表してい..


    【日時】2018年10月12日 08:57
    【ソース】Sputbik
    【関連掲示板】



    (出典 blog-imgs-93.fc2.com)








    [匿名さん] :2018/10/13 14:35

    自衛隊がやったら存続問題になる


    [匿名さん] :2018/10/13 14:42

    事前報告あっても怖いわ!


    [匿名さん] :2018/10/13 15:34

    本物のって…
    偽物もあるのか?


    [匿名さん] :2018/10/13 17:57

    ワクワクする


    [匿名さん] :2018/10/13 19:42

    1970年代の相模原や町田市ではこんなの当たり前の様にあったよ。
    戦闘機のパイロットの顔が見えたんだから。


    [匿名さん] :2018/10/13 21:19

    危ないだろ!


    [匿名さん] :2018/10/14 08:38

    この記事では情報不足だけども、なんでこんな飛行したの?! 






    このページのトップヘ