きんにくニュース 202X

毎日の話題のスポーツニュース・芸能・ダイエット・筋肉トレーニングその他話題の情報をまとめ随時ブログ掲載しています。きんにくニュース202Xでお楽しみください。筋肉ニュース202X・きんにくニュース202X

    スポーツ芸能まとめブログ・きんにくニュース202x・筋肉ニュース202x

    タグ:くびれ


    【川崎あや】 現実離れした「くびれ」 あまりの細さに加工疑われる

    知らないけど
    そこまでにしておきなさい・・・

    NO.7004652 2018/10/16 14:47
    川崎あや 現実離れした「くびれ」 あまりの細さに加工疑われる
    川崎あや 現実離れした「くびれ」 あまりの細さに加工疑われる
    ウエスト52センチで「くびれスト」の異名でも知られるグラビアアイドルの川崎あや(27)が、驚異的な「くびれ」ショットを公開。

    あまりの細さに一部で「画像修正」を疑う声が上がるほどの衝撃的なくびれっぷりに、驚愕する人が続出している。

    川崎は15日付の自身のTwitterに「すんごいくびれてる」と記しながら2枚の写真を投稿。

    いずれも黒のランジェリー&ガーターという大人っぽいセクシー衣装をまとったグラビアショットだ。

    何といっても驚くべきはウエストの細さ。

    一般女性がコルセットをつけている状態よりもはるかに細く、まるで二次元キャラクターのようなくびれっぷりだ。

    これだけウエストが細いのに女性らしいボディラインを維持。

    バストやヒップ、太ももは程よいむっちり加減となっており、男心を直撃する魅惑の体つきとなっている。

    これにネット上では「くびれ絶好調!」「一見の価値あるくびれ」「このままフィギュア化してほしい」「芸術作品のように美しい」「最強のくびれですね!」などと絶賛コメントが殺到。

    普段から川崎のグラビアを見慣れているファンも驚くほどのくびれショットだったようだ。

    だが、あまりに細すぎるために「加工画像でしょ?」との声が。

    近年、商業グラビアはもちろんこと自撮り写真もスマホで手軽に加工できるため、くびれ部分を修正しているのではないかと疑われたようだ。

    これに川崎は「実際見たことないと疑われても仕方ないんだけども、、まぁ、でもこのくびれでお仕事もらってるんでね」と優しく余裕をもって反論。

    続けて「いや、だって自分でも見てくびれ加工されてんじゃないかって疑うもん」とも記し、疑う人がいるのも無理はないと理解を示した。

    また、イベントや撮影会などで川崎のくびれを目にしたことがあるファンからは「努力の賜物なのはみんな知ってますから」「本物を見たらわかる」「努力の結果!」といったコメントが寄せられている。

    実際、川崎のウエストの細さは紛れもない本物。

    それでいながら美乳とむっちりヒップを持ち合わせ、清楚なルックスと脱ぎっぷりの良さのギャップで多くの男性を魅了している。

    特に「くびれ」は彼女にとって最大の武器であり、女性向けファッション誌でも絶賛されるほどだ。

    だが、あまりにウエストの細さが現実離れしてきたため、一部で「こんなに細いわけがない」と疑う人が出てきたようだ。

    逆に言えば、それだけ彼女のウエストは「現実だと信じられないほどのくびれっぷり」ということ。

    まさしく「くびれスト」の異名にふさわしい出来事だったともいえそうである。

    その現実離れしたくびれを武器に、先日は「ヤングキング」(少年画報社)と「FLASHダイアモンド」(光文社)の2誌で同時に表紙を飾るなどグラビア活動は絶好調。

    この勢いは今後も止まる気配がなさそうだ。
    【日時】2018年10月16日
    【提供】メンズサイゾー



    (出典 i.pinimg.com)








    [匿名さん] :2018/10/16 14:55

    完璧


    [匿名さん] :2018/10/16 19:46

    スレンダーでエロい。


    [匿名さん] :2018/10/16 20:15

    >あまりの細さに加工疑われる
    当然加工だ、、


    [匿名さん] :2018/10/16 14:48

    転んだら骨折するぞ


    [匿名さん] :2018/10/16 14:49

    けっこう腹筋しっかりしてるよな。


    [匿名さん] :2018/10/16 15:13

    いいなぁ〜


    [匿名さん] :2018/10/16 15:14

    どうぞ


    [匿名さん] :2018/10/16 16:40

    細けりゃいいってもんじゃない


    [匿名さん] :2018/10/16 17:02

    広告だね!!個人的に記者の好みかな? 



    【奇跡の美少女】十味 ふんわり美乳と見事なくびれに絶賛の声

    絶賛だなぁ・・
    お昼からゴメンナサイ。

    NO.6993936 2018/10/11 14:15
    「奇跡の美少女」十味 ふんわり美乳と見事なくびれに絶賛の声
    「奇跡の美少女」十味 ふんわり美乳と見事なくびれに絶賛の声
    ニコニコ動画の人気カテゴリ『踊ってみた』で見せた姿が「可愛すぎる」と話題となり、本格的な芸能界デビューを飾った新人タレントの十味(とーみ/19)。

    透明感抜群の美少女である彼女はグラビア界の新星として注目されており、11日発売の「週刊ヤングジャンプ」(集英社)でも、そのポテンシャルの高さを見せつけた。

    十味は今年7月発売の「ヤンジャン」でグラビアデビュー。

    「平成最後の奇跡の原石」というキャッチコピーのもと、巻末グラビアで大胆な水着を身につけて洗練されたビジュアルを披露した。

    その初グラビアが好評で、今回の「ヤンジャン」では表紙&巻頭グラビアに抜擢。

    表紙では可愛らしいリボンのついたランジェリー風ビキニをまとい、ふっくらと膨らんだ胸の谷間と美しいくびれをアピールしている。

    カメラをジッと見つめる表情はどこか色っぽく、見る者をドキドキさせるカットだ。

    完全撮り下ろしの巻頭グラビアは、華やかなビキニショットが満載。

    あどけない表情でふんわり美乳とプリプリのヒップを大胆に見せつけている。

    一方、ワンピースタイプの水着では、挑発的な顔つきで濡れた髪をかき上げるなどアダルトな魅力を漂わせ、表紙と同じランジェリー風のビキニを着たカットでも、コチラを誘うような顔を見せる。

    誌面には「清純」や「透明感」といった王道美少女に対してよく使われるキャッチコピーが踊るが、それと同時に「セクシー」や「オトナ」という表現もあり、その振り幅の広さが十味最大の魅力なのかもしれない。

    ともあれ、「奇跡の美少女」と称される十味の最新グラビアはファンの間でも大好評。

    さっそくネット上では、「顔も身体も最高ですな」「今後が楽しみすぎる」「超逸材とは彼女のこと」「この美乳とくびれは、まさに奇跡のボディや!」といった絶賛コメントが寄せられることになった。

    グラビア人気をますます加速させる十味は、目に見えるカタチでも結果を残しそうな予感。

    現在、彼女は講談社主催のオーディション「ミスiD2019」の最終選考にまで残っており、ファイナリスト中間ランキングでトップに選出されたのだ。

    このオーディションは、新しい時代にふさわしい価値観やスタイルを持った女の子の発掘・育成を目的にしたもの。

    オーディションには、モデル、女優、アイドルといった枠が大抵あるものだが、この「ミスiD」ではジャンルに捉われない「ネオガール」が求められる。

    デビューしたばかりの十味も、今後はモデルや女優などに挑戦したいと明かしている。

    今回「ヤンジャン」で見せた水着姿で話題の彼女はグラビア界のスター候補として注目を集めるが、「ミスiD」のグランプリを獲得することになれば、一気に活躍の幅が広がることになるのかもしれない。
    【日時】2018年10月11日 13:00
    【提供】メンズサイゾー
    【関連掲示板】



    (出典 news.walkerplus.com)








    #43 [匿名さん] :2018/10/11 15:04

    >>41
    寄せて上げすぎじゃね?


    #2 [匿名さん] :2018/10/11 14:16

    奇跡のカメラ📷やろ


    #6 [匿名さん] :2018/10/11 14:20

    奇跡だらけ


    #7 [匿名さん] :2018/10/11 14:21

    若い女体いいね♪


    #11 [匿名さん] :2018/10/11 14:28

    可愛いけど板野っぽい


    #14 [匿名さん] :2018/10/11 14:29

    板野友美みたいな顔やな


    #49 [匿名さん] :2018/10/11 15:18

    やっぱり可愛い


    #65 [匿名さん] :2018/10/11 17:38

    可愛い


    #66 [匿名さん] :2018/10/11 17:56

    奇跡とか1000年に一人とかアホらしい。






    このページのトップヘ