きんにくニュース 202X

毎日の話題のスポーツニュース・芸能・ダイエット・筋肉トレーニングその他話題の情報をまとめ随時ブログ掲載。きんにくニュース202Xでお楽しみください。

    スポーツ芸能まとめブログ・きんにくニュース202x

    タグ:世界卓球


    【みまひな】52年ぶりの金メダルへ王手(世界卓球)


    みまひな「最後は笑顔で終わりたい」日本人対決制し48年ぶりの決勝へ みまひな「最後は笑顔で終わりたい」日本人対決制し48年ぶりの決勝へ
    …では1967年ストックホルム大会の森沢幸子、広田佐枝子組以来、52年ぶりの金メダルへ王手をかけたが、早田は「一試合、一試合戦うことしか考えてない。いつ…
    (出典:スポーツ総合(スポーツ報知))



    (出典 img.sportsbull.jp)


    金メダルをとると52年ぶりなのですね。
    頑張れ~  (画像は別)




    kazuo
    @tameninaruna

    52年ぶりの金メダルへ王手!「みまひな」が日本人対決制して初の決勝へ【世界卓球】|テレビ東京卓球NEWS:テレビ東京。( ・ω・)

    2019-04-28 10:00:02

    (出典 @tameninaruna)

    綺羅@相互フォロー
    @aekt3927_kira

    52年ぶりの金メダルへ王手!「みまひな」が日本人対決制して初の決勝へ【世界卓球】(テレビ東京スポーツ) - Yahoo!ニュース https://t.co/BfybSF7ITL @YahooNewsTopics

    2019-04-28 09:36:31

    (出典 @aekt3927_kira)

    しんきろう
    @yorunobannin1

    52年ぶりの金メダルへ王手!「みまひな」が日本人対決制して初の決勝へ【世界卓球】(テレビ東京スポーツ) - Yahoo!ニュース https://t.co/Ay0JQtLorL

    2019-04-28 09:27:25

    (出典 @yorunobannin1)

    🐯猛虎戦隊☆キヤマ
    @mouko_kiyama

    52年ぶりの金メダルへ王手!「伊藤ハヤタ」が日本人対決制して初の決勝へ【世界卓球】(テレビ東京スポーツ) - Yahoo!ニュース https://t.co/5oS7FcvpFJ @YahooNewsTopics

    2019-04-28 08:11:20

    (出典 @mouko_kiyama)



    【世界卓球】男子ダブルス、中国が3連覇! 馬/王組に栄冠

    やっぱり強いです。中国卓球

    NO.7424511 2019/04/27 21:37
    世界卓球 男子ダブルス、中国が3連覇! 馬/王組に栄冠
    世界卓球 男子ダブルス、中国が3連覇! 馬/王組に栄冠
    写真:馬龍・王楚欽(中国)/提供:新華社・アフロ

    <2019世界卓球選手権大会・個人戦(ハンガリー・ブダペスト) 2019年4月21日〜4月28日>

    27日、世界卓球選手権の男子ダブルス決勝が行われ、馬龍/王楚欽(中国)ペアがイオネスク/ロブレス(ルーマニア/スペイン)を4-1で破り優勝を決めた。

    中国は同種目で3連覇。

    馬龍にとっては2011年大会(当時のペアは許キン)以来8年ぶり2度目の優勝となった。

    イオネスク/ロブレスの国際ペアは左腕のロブレスがチャンスメイクし、右利きのイオネスクがパワー溢れる両ハンドドライブで決めるパターンを軸に決勝まで勝ち上がったが、決勝では台上処理に加えラリーでの威力と正確性に勝る中国ペアに良さを封じられた。

    馬龍は男子シングルスでも準決勝に勝ち進んでおり、ダブルスとの2冠を目指す。

    ■試合のスコア
    <男子ダブルス 決勝>

    馬龍/王楚欽(中国)4-1イオネスク/ロブレス(ルーマニア/スペイン)

    11-3/8-11/11-7/11-3/11-5
    【日時】2019年04月27日
    【提供】Rallys
    【関連掲示板】



    (出典 amd.c.yimg.jp) 

    [匿名さん] :2019/04/27 21:38

    むむむ


    [匿名さん] :2019/04/27 21:41

    全種目中国の制覇かな


    [匿名さん] :2019/04/27 21:42

    強すぎ・・


    【世界卓球】「 吉村・石川組」3大会連続のメダル確定

    頑張れ~ 次も勝ってほしい!!
    中国勢はやはり強いですね。
    (画像は別)

    NO.7419299 2019/04/25 08:20
    世界卓球 吉村・石川組、3大会連続のメダル確定
    世界卓球 吉村・石川組、3大会連続のメダル確定
    <2019世界卓球選手権大会・個人戦(ハンガリー・ブダペスト) 2019年4月21日〜4月28日>

    24日、世界選手権の混合ダブルス準々決勝が行われ、吉村真晴(名古屋ダイハツ)/石川佳純(全農)ペアがピシュテイ/バラージョバ(スロバキア)ペアを下し、準決勝進出を決めた。

    この勝利で、2015年の銀メダル、2017年の金メダルに続き、今大会でも銅メダル以上を確定させた。

    第1ゲームは長身から繰り出されるスロバキアペアのボールに苦戦した吉村/石川ペア。

    特に男子選手(ピシュテイ)の独特なバックハンドに対応できず、11-6で先制を許した。

    第2ゲームからは落ち着いて相手のボールに対応し始め、先に攻撃する機会も増加。

    ペースをつかんだ日本ペアが11-8とゲームを奪い返した。

    これで勢いに乗った吉村/石川ペア。

    ディフェンディングチャンピオンの実力を発揮し、続く第3ゲームも11-5と相手を圧倒した。

    第4ゲームは序盤の5連続失点が響いて落とす。

    第5ゲームも5連続失点からスタートする嫌な展開になったが、早い段階で追いつき、そのままゲームを取得。

    メダル確定まであと1ゲームとした。

    第6ゲームは二人の攻撃がうまく噛み合い、10-6とマッチポイントを迎えた。

    ここで1点返されたタイミングで、タイムアウト。

    最後は吉村のバックドライブが決まり、メダルを確定させた。

    ■日本ペアの試合後のコメント
    石川は「苦しい時こそ、ペアの実力が試される。お互い励ましあってメダルが取れた。同じペアで3大会連続のメダルはなかなか無いこと。急なペア変更だったが自信はあった。また明日はチャレンジャーとして向かって行きたい」と翌日の準決勝に向けての意気込みを語った。

    吉村は「本当に勝てて良かった。凡ミスが多く、修正もなかなか出来なかったが最後はパートナーを信じて気合で乗り切った。まだメダルが確定したところだが、1回代表から外れたこともあり、選んでくれた協会への感謝の気持ちや、急なエントリーとなって調整が難しかったことなどもあり、ホッとした。シングルスでは前で両ハンドの速い卓球に切り替えていた中で、急なダブルスエントリーでフォア主戦をしなければいけないのは本当に難しかった。(シングルスで敗れた弟の)和弘からも『いつでも練習相手使ってくれ』と言われて、『ありがとう、和弘の分も暴れてくるわ』と伝えた。自分一人でここに立てているとは思っていない」と安堵で目を潤ませた。

    ■試合のスコア
    <混合ダブルス 準々決勝>
    吉村真晴/石川佳純 4-2 ピシュテイ/バラージョバ(スロバキア)
    6-11/11-8/11-5/8-11/11-7/11-8
    【日時】2019年04月25日
    【提供】Rallys
    【関連掲示板】



    [匿名さん] :2019/04/25 08:23

    石川佳純・吉村真晴ペアー優勝して!!


    [匿名さん] :2019/04/25 08:26

    あっぱれー


    [匿名さん] :2019/04/25 08:27

    日本頑張れ~ 

    このページのトップヘ